再会 (11月18日)

 先日、愛知県のラグナマリーナに出張した際、作業後25ランナバウトのオーナー様と共にデイクルーズに出航しました。
三河湾を周遊後、西浦マリーナに立ち寄り温泉街にて昼食を済ませ帰路についたところで、マリーナ内に陸置きされているヨットを発見しました。
 
 なんとそのヨットは私が45年前に自分船として初めて設計建造した船でした。(設計bO1号艇)
 建造当時は、レース用ヨットとして進水、レースに参加色々と勉強にもなり楽しませてくれました。想い出多き船です。
私が7年程乗って、その後オーナーがついてクルージング艇に大改造、小笠原諸島への航海も何回もしていたふねです。
 その後、数名のオーナーの手に渡ったようで、私としては所在不明の状態でした。
 
 あいにく現在のオーナー様とはお会いすることが出来ませんでしたが、マリーナの許可を得て撮影させてもらいました。
 現在も現役で乗られており,良く手入れされている様子です(佐野造船所建造の船であることはご存知だそうです。)
 

 偶然とは言え、運命のようなものを感じる、再会となりました。

 
 

チークの丸太 (10月05日)

現在は入手困難になりつつあるビルマ産(現在はミャンマー)のチークの原木が入荷したとの連絡で,早速購入し、先日製材をしました。
長さ5.6m、末口(先の方)で60cm(根本ではもっと太い)。今となっては大きな丸太だと思います。
 
割ってみれば予想通り良質な最高の材料です。
特に何に使うと言うわけではありませんが、手に入る時に在庫しておかなければならないので、75mm厚の板に製材をしました。
 
この量の材料だとチークデッキ等、何隻分もありますね。(笑)
 
又、今年中には、ホンジュラスマホガニーも大量に入荷する予定です。
何れも、とても貴重な材料です。

 
 

動画完成。 (06月08日)

 SANO31ランナバウトの動画が完成しました。
 ユーチューブからSANO31ランナバウト、と検索して頂ければ見ることができます。
 是非ご覧になってください。
 

 

動画の撮影 (05月30日)

先日、動画の撮影を行いました。
 
 晴天で、波も穏やかで、撮影には良かったです。
 なかなか良い走りをしています。今までのランナバウト(24FT,25FT)に比べ
 大きい(31FT)ので、安定感は、抜群です。
 
 撮影スタッフによると、ドローンを使いたかったと、とても残念がっていました。
 次回は、使いたいと思います。
 
 出来上がりましたら、どこかのページで紹介したいと思っております。
 

 
 

SANO 31ランナバウト(リグビー) (04月13日)

 この艇は、佐野造船所の10代目となる 私の息子の龍也が 自分の作品として、初めて手掛けたランナバウトです。
 計画からおよそ5年の期間を経て3月に完成しました。
 全体的に、一つの作品として,良い仕上がりになったと思います。
 
 HONDAマリーン、ホームページのオーシャンマスターストーリーに建造過程が掲載されています。
 又、佐野造船所インスタグラムにも少しずつアップしています。 どちらとも是非、ご覧になってください。

 
 

ボートショー (02月19日)

 ボートショーの開催が中止となりました。
コロナウイルスの感染拡大する中での日本マリン事業協会の判断で、開催中止となったようです。
残念ではありますが、やむを得ない結果だと思います。
 
毎年、ホンダマリーンのブースで、佐野造船所の出展を楽しみになさっている木造船ファンの方々には、
私共では、何らかの形で佐野造船所の船を見て体感していただける機会を、考えております。
その際はこのページで発表をしたいと思っております。
取り急ぎ報告致します。
 

 

ボートショー出展 (02月16日)

 今年もジャパンインターナショナルボートショー2020(3月5日〜8日)に佐野造船所の船が出展されることになりました。
今回は、SANO31ランナバウトとSANO24ランナバウトの2艇が、ホンダマリーンの最新型船外機250HPX2,250HPX1を搭載して出展です。
ホンジュラスマホガニーの優雅で美しい艇体を、是非ご覧になってください。
2艇が展示されるのはパシフィコ横浜会場の本田技研工業のブースです。
私達も会期中本田技研工業のブースにおりますので、お立ち寄りください。

 

本年もよろしくお願いいたします。 (01月08日)

今年は、新造船の建造とボートショー出展するランナバウト2艇の準備など、
忙しいスタートとなっております。
スタッフ一同 元気で頑張ります。

 

ホンダマリーンのイベント (07月05日)

7月3日、4日に湘南サニーサイドマリーナで行われた、ホンダマリーンの新型エンジン、電子リモコン搭載艇の発表試乗会に23フィッシングクルーザーと共に参加してきました。
3日に回航して陸揚げ後、ホンダを代表する車、バイクとのコラボ撮影をしました。
 
4日に予定していたメディア関係の取材と試乗会は悪天候に。阻まれてすべて中止になってしまいましたが、
天候ばかりはどうにもなりませんので。
 
今日は、昨日の荒天がまるで嘘のような凪となり、
回航前に、ホンダマリーンのスタッフ、マリーナのスタッフに乗ってもらって・・・まるで23フィッシングクルーザーの試乗会になっていましたね。(笑)
凪の海を2時間10分程で佐野造船所まで帰ってきました。

 

新造船の建造 (05月27日)

あらたに新造船の建造が始まっています。
この船は、オーナーの釣り趣向に合わせて 設計した、ワンオフの29ftフィッシングクルーザーです。
釣り機能を満載し、 ひとたびキャビン内に立ち入れば
ゆったりと 落ち着いた雰囲気になるような仕様です。
じっくりと時間をかけて建造する予定です。

 
 

日記SP Ver.2.10(C)HPサービス